top of page

フランス語発音「Rの特訓レッスン」好評につき、開催します

更新日:4月2日

Bonjour !アンサンブルアンフランセ講師のYaskoです。


アンサンブルアンフランセ 講師 フランス語

ときどき、私が週末の2時間枠で不定期で開催していたフランス語発音「Rの2時間特訓レッスン」を10月26日(木)20時・21時開催します。


これまでも何度か「R発音特訓合宿」を行ったことがあります。コラムでも内容を紹介しています。(‘合宿’といっても、実際に泊まり込みをするわけではありません。もちろんいつものようにZoomです) Yasko R発音‘合宿’報告


私が担当するフランス語発音グループレッスンは、これでもか!というほど発音に特化しています。


正しい発音...ではなく、


フランス人に自然だと思わせる発音に重きを置いていますので、音、耳で聞き分けることに特化したレッスンを心がけています。


そこで日本人で一番つまづきやすいというか、苦手意識を持ちやすいのが...そう...

フランス語発音R です。


でもね、コツを覚えてしまえばRよりも実は、日本語にはない母音(特にOUやE、Uなど)の方がもっとずっと難しいんですよ。


ですので私のレッスンはRが少々巻き舌になっても、フレーズをつなげたり、自然な音に聞こえるように、あえてあまりRの矯正は行わないのです。


できる方は、Rの発音が既にできているので、グループレッスンである以上、Rがまだおぼつかない「一人の」生徒様だけのために、すでにRができている生徒様に、退屈なお時間を過ごしていただきたくないことも一つの理由です。


そうなんですよ、できてしまえばこっちのものです!!!!


よほど、母音の発音の方が奥が深いですよ。ふふふ...

母音沼(笑)は参加者全員が参考になることばかりですので、グループレッスンは効果が高いです。


ここだけの話、Rができる日本人はかなり多くいますが、OUがきちんと発音できる日本人は1割にも満たないです。(私も意識するまで日本語の「ウ」と同じと思っていました、気づくって大事!)


「あなたフランスで育ったの?」って言われるレベルの発音は、Rができることだけじゃないんです


ということで、普段はRに囚われるレッスンをしていません。が、 でもやっぱりやりたい、苦手なR!


ということで、普段のレッスンとは趣向を変えた、Rだけに特化したレッスンを開催します!


もうRのコツを習得したという方は、また普段のレッスンにいらしてくださいね。

10月26日の2枠連続のレッスンでは、Rばっかりやりますよ!!!


前回のR合宿報告でも伝えていますが、かなりマゾいレッスンです。(Nico先生談)


とにかくRばっかりやりますからね。 大切なことなので何度も言いますよ。

私も終了後は喉が痛くなるくらいガンガン行きます。

舌の付け根をガリガリ使いますからね♪


Rを「らりるれろ」行で発音してしまう方には洗脳から入ります。(笑)

日本のカタカナ表記による呪い(!)を解いてから、完全に新しい音としてRに取り組んでいただきます。


さあ、準備はいいですか? Rが苦手な方、ついつい巻き舌のような「らりるれろ行」で発音してしまう方、

10月26日(木)20時・21時の予定を今から空けておいてください。


レッスンが終わった頃にはRの正しい発音方法が癖になるくらい、みっちり行います。


Rが苦手な方、お待ちしております😄





閲覧数:114回0件のコメント

Commentaires


bottom of page