グループレッスン・マンツーマンレッスンのメリットとデメリット2「学習編」

Bonjour ! アンサンブルの三上です。


今回も前回に引き続きアンサンブルのマンツーマンレッスンのメリットとデメリット、グループレッスンのメリットデメリットをズバリお伝えしたいと思います。今回は学習編です。


マンツーマンの学習の大きなメリット&デメリット

・仕事や趣味・生活などで、今一番必要なフランス語を「個別オーダー」できるので、レベルに合わせた今ほしいフランス語が、すぐに身につく。



当校のマンツーマンレッスンはみなさんご存知のように、好きなレッスンを、好きなように作り上げることが出来ます。ご自分の苦手な分野を重点的に克服することも出来ますし、試験対策も思いのまま。さらに映画や旅行やファッションにグルメといった趣味的な方面に興味のある方でしたら、そういった方面に特化したレッスンはとても楽しく、自然と上達も早くなると思います。

しかしながら何でも選べるとなると、好きな分野ばかりやってしまうのが人間の悲しい「性(さが)」。興味のない分野の勉強はあまりしない傾向にどうしてもなり勝ちになるので、当然上達も、個人の趣味趣向に合わせたもの(=苦手分野も出来やすい)となります。


レストランに行けば、誰しも好きな食べ物しかオーダーしないのと一緒です


グループレッスンの学習の大きなメリット&デメリット

・幅広い語彙が身に付き、オールマイティな力がつく


一方グループレッスンは文字通り「講師に対して多数の生徒」という形となりますので、マンツーマンと比較すると”ここをもっと聞きたいのに!”といった、個別対応的な部分についてはマンツーマンと比べるとどうしても「薄味」となりますし、個人的な趣味趣向を掘り下げるといったことに関しては、ちょっと向いていないかも知れません。

しかし一方で、自分の好きなことなどお構いなしにレッスンが提供されますので、興味がない分野の勉強をしなけれないけない=自分だけでは学べなかったものが勉強出来るということになります。 この辺に関してまた料理に例えますと、「多少味気なくとも、栄養バランスはバッチリ」といった感じでしょうか?


しかしこれが意外と効果のあるもので、新しい知識が入ることで、その分野のアンテナも無意識に張ってしまいますし、思わず新しい趣味が増えたりするきっかけにもなります。

興味のなかった分野のレッスンを受講することで、今まで自分と全く趣味が合わなかった職場の人や知人と仲良くなれたなど、ご自身の人生の限界を定めることなく幅広い交流ができるようになる可能性があります。

「多彩なメニューの中から、好きなものを選んで食べられる高級レストラン」と、「メニューは選べないけれど、バランスの取れた気の利いた食事が提供される、素敵な宿のレストラン」

マンツーマンレッスンとグループレッスンの違いは、こんな感じで言い表せるかもしれません。



閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示